北吉旅館からお客様へ

 

 明治十七年(1887年)の創業、120年以上の歴史を数えます。 この伝統ある暖簾の重みを感じながら、古き日本のおもてなしの心でお迎えいたします。

 


北吉旅館とおわらとのつながり

 

 昭和の初期頃の鏡町は芸者さんが多く集う花街と呼ばれる町でありました。北吉旅館も、もとは日進楼という置屋のひとつでした。
 この芸者さんたちの中には、民謡おわら節以外に浄瑠璃・長唄・小唄・端唄の歌い手や若柳・花柳の踊り手に堪能な名妓名取りが多数いたとのことです。 それらの中でおわらも芸として磨かれていきました。日進楼などの置屋はおわらのルーツのひとつなのです。

 


北吉旅館でのおわら鑑賞

 

 坂の多い町として知られる八尾町は、越中おわらの町です。北吉旅館では、風の盆期間(9月1,2,3日)前夜祭(8月20〜30日)はもちろん、年間を通じていつでも本場のおわら踊りをご覧になれます。 
 ※事前にご予約(076-455-2024)が必要です。(有料)

 


平成30年おわら風の盆、前夜祭のご予約

 平成30年おわら風の盆期間(9月1日〜3日)のご予約はおかげさまで満室となりました。ありがとうございます。
 前夜祭期間へのお申し込みをお待ち致しております。